ingridlucia.com

競馬予想をするときには陣営の思惑というのを考えておくと良いです。

陣営の思惑というのはどういうことか?というと、競馬というのはどの馬も1着を狙っているとは言えない場合があります。

場合によっては2着や3着で構わないと思ってレースに参加しているケースもあるのです。

そういったところを見極めていくと、予想に役立つはずです。

場合によっては2着や3着で良いケースというのは、具体的にどういった場合か?というと、特に顕著なのはトライアル競争です。

特定のレースに参加する資格を得られるレースのことで、この場合には1着じゃなくても、2着や3着までに入れば優先出走権というものが与えられることが多いです。

つまり、特定のレースに出るためのトライアル競争で1着をとることが難しいと感じた場合には、最初から1着を捨てて、2着や3着までに入ろうとする戦略をとるケースが考えられます。

1着を狙おうとすると、順位を落とすリスクが高まるので、だったら2着や3着までに入れる可能性を高められる安全な戦略をとるということです。

この場合には、その馬に関しては1着の可能性がほぼないので、単勝を買ったりすると予想が外れる可能性が大ということになります。

だから、トライアル競争の場合には、陣営の中には必ずしも1着を狙っていない馬がいるかもしれないということを念頭に置いておきましょう。

そして、過去の馬の成績とそのトライアル競争の出走馬一覧を見て、明らかに1着は厳しいだろうと思う馬がいたときには、陣営も同じことを考えているかもしれないという想像を膨らませて、2着や3着でも的中する馬券を買うと良いということになります。

陣営が心の中でどのように考えているのか?というのは、馬券を買っている競馬ファンには正確には分かりません。

本当に1着をとる気が本当にないとしても、それをあらかじめ公言することはないので、馬券を買う側がそういったところ読んでいくしかないのです。

競馬は駆け引きが重要なものではありますけど、レースに臨むにあたってどのような戦略でくるのか?というときには、着順の狙い方に関しても関係しているということを知っておくべきでしょう。

こういった2着以下狙いのケースというのはトライアル競争以外でもあり得る話ではあるので、そこも覚えておくと良いと思います。

馬だけをチェックする人もいますけど、競馬というのは人間が馬を操りますから、その人間の心理面も含めて競馬予想をしていくと良いと言えるでしょう。