ingridlucia.com

騎手のその年勝率の良い騎手は買っといたほうが良い。

今年のメインレースはルメール騎手を外して買うのは危険である。特に人気のないときは、オッズも高くなりかなりお買い得です。5,6番人気でも今年は普通にもってきている。パドックで馬を選ぶ時は毛づやの良い馬を選ぶ。

それから、独自の見解では、パドックで内側を下向きで周回する馬よりも、外側を大きく堂々と歩いている馬を選ぶと良い。データーで選ぶ時に、前走の人気が良かったが着順が悪くて今回は人気を落としている馬はお買い得です。

前走はレース展開がたまたま会わなかったり、馬の体調が悪く本来の走りでは無かった場合がある。それでも、人気馬になったことがある馬は前々走の走りが良かったり、実力がある馬なのは、間違いがない。あと、インスピレーションは大事にしたほうが良い。出場表を見た時に名前だけを見て、なんか気になるなぁとか思った時は意外とくる時がある。

気になっていたが人気などを見て最下位の人気だったりすると買うのを辞めてしまうことがあるが、その馬がきてしまってめちゃめちゃ後悔することはけっこうある。インスピレーションで気になってしまった馬は必ず買うのをお薦めします。

そういう馬を買うのが万馬券を一番とりやすい方法であると思います。オッズやデータばかりを見ていると、なかなかそういう馬には、手がでなくなってしまいます。新潟の直線レースは外枠の馬を買うのが鉄則である。など、自分なりの鉄則を決めて買うのが良いと思います。その鉄則通りで馬券が当たった時の歓びはひとしおであります。

長年競馬をやっていくと自分が記憶に残っている馬の子供などを買うのも楽しい買いかただと思います。競馬は確かにお金を掛けるギャンブルなのですが、長年やっていくと自分の好きな馬や好きな騎手などが出来てきて、応援の気持ちで馬券を買うのも楽しみのひとつになっていきます。

不思議と自分と相性の良い騎手ができたりもします。この騎手を買うと必ず当たらないが、その逆でこの騎手を買うと当たるなどもよくあります。色々な買い方はありますが、僕はずっと武豊騎手だけは必ずかいます。相性は悪いのですがそれでも買い続けて行くのが僕の馬券の鉄則なのです。

武豊騎手の騎乗スタイルや勝利インタビューが大好きなので応援してしまいます。競馬の馬券は応援する気持ちが大切だと思っています。おカネ目的で馬券を買うのよりも数倍楽しめると思います。