ingridlucia.com

競馬予想は、トラックマンが予想した印を参考にする事が一般的な予想となります。

しかしその予想もやはり自分である程度考えて予想に乗せて馬券を購入しなければそのまま予想を乗っても当たらない事が多い事も競馬と言えます。競馬には不思議な偶然もあります。

以前有馬記念で開催されたレースの年に世界貿易センタービルのテロが起こった9.11の世界的な事件が発生した年に、有馬記念の勝ち馬がマンハッタンカフェで二着に来た馬がアメリカンボスで三着に来た馬がトゥザヴィクトリーと言う馬名の馬でした。

この名前を見る限りやはりアメリカで起こった同時多発テロの関連の馬券が偶然的に来ている事がサイン読み馬券と言う形で競馬の馬券となります。不思議な現象が時折JRAでは起こるので、特にG1レースはサイン読みとして予想のファクターに加える事はとても賛成出来ます。

競馬には予想を行う方法が沢山あり、オッズを使った予想法やパドックを見た予想法や血統などからこのレースに強い血統を割り出してピックアップする方法やスピード指数と言った馬の能力がそれぞれ格付けされた状態で強い馬を割り出す方法などあります。

馬券の種類も馬連からワイドや三連複と言った馬券は、基本的に軸馬を見つけて流して取る方法を取れば穴馬までピックアップしながら大きな配当をゲット出来ます。ワイドは特に3着までオッケーの馬券であり1番人気がこけてその時のワイドを的中させた時にはオッズを見ると右と左にワイドのオッズが記載してありますが、左の高い方のオッズが適用されます。

この範囲で配当が固まる計算となりますが、やはり安い配当は人気サイドで決まった時に起こります。特に1番人気が不安なレースなどでワイドを的中させれば配当も期待出来ます。

競馬の馬券購入の不思議としてなぜか最後まで迷って切った馬が来てしまったり、買い間違った時に限って買い間違った馬は来ない事は当然の様にあり、逆に購入出来なかった方が来てしまいます。とてもついてない状況と言えますが、何故かそれが起こりやすいのも競馬の一つとなります。当てに行こうとすれば、1.1倍の複勝でも的中しそうな気もしますが、そう言った時に限ってその鉄板の1.1倍の複勝ですら外れてしまうのが競馬でもあります。

なので競馬に関して言えば、あまり本気にならずに遊び半分で賭けるとなぜか当たって勝負に行くと外れるものだと割り切る事も良いかも知れません。