ingridlucia.com

競馬予想をする際には、コース適正というのが重要ではあります。

どの競馬場でも走る馬というのもいるとは思いますが、逆に特定の競馬場は全くダメみたいなケースもあるのです。

実際にすごい強い馬なんだけど、特定の競馬場では力が落ちてしまうという馬も過去にはいて、そういった部分の適性について知っておかないといけないのです。競馬を始めたばかりの人やそこまで詳しくない人は、強い馬はどういった状況でも強いと思ってしまう可能性があるのですが、そういう馬ばかりではありません。

初心者であっても、恐らく距離適性に関しては多くはちゃんとチェックできると思うのです。中距離で強い馬がスプリント戦に出ても同じような強さを発揮できない可能性が高いというのは知っているでしょう。

それぞれの馬に実力を最も発揮しやすい距離があるというのは初心者でも知っているはずです。ただ、同じ距離でも競馬場が変わると、全く力が変わってしまうというケースは想定できていない人がいるので、そこも馬券を買う前には考えないといけないとなります。

特に大きいのは右回りと左回りの違いで、競馬場によってこの違いがあるのですが、どっちでも関係なく強い馬もいれば、どちらかじゃないと強さを発揮しない馬というのもいるので、自分が馬券を購入しようとしている馬の過去の戦績を見ておく必要があります。

そして、自分が馬券を買おうとしているレースがどっち回りなのか?というのを確認したうえで、その馬の過去の戦績からその回り方の競馬場を経験しているか?というのを見ておきましょう。

経験していない場合には、適性がない可能性があるので要注意ということになります。例えば、今まで右回りで強い戦績を残している馬でも、左回り初挑戦というときには注意が必要なのです。

また、過去に経験はしているが、いい結果が残っていないケースも要注意で、明らかに苦手にしているような状況が見えたときには買わない方が良いのではないか?と思います。3着以内があれば苦手までは言えない可能性があるので、3着未満しかないか?3着以上があるか?で判断をしていくと良いでしょう。

しかし、やはり要注意なのは過去に特定の回り方のコースに関して走ったことがない場合で、このケースでは未知数の部分があると言えますから、リスクが大きいのです。

実力がある程度抜けていると思われる馬に関しては馬券を買っても良いとは思いますけど、他にも同じような実力の馬がいるようなレースでは買わないというのも1つの手になりますから、覚えておきましょう。