ingridlucia.com

競馬予想をするときには斤量というのが重要

同じレースに出る馬でも斤量が異なっていると、それがレース結果に影響することがあります。

馬齢や性別によって斤量が違いますし、ハンデ戦になると馬の実力で斤量に差がうまれることになります。

そういった斤量というのは、多くの人が馬券を買う際にはチェックし、参考にしている情報でしょう。

ただ、斤量というのは見た目の数字だけをそのまま評価して良いとは限りません。

というのも、斤量に関しては馬の体重というのも重要で、例えば500キロの馬と420キロの馬では、同じ斤量でも感じる重さが異なるのです。

小柄の馬の方が斤量の負担を感じやすいと言えるので、例えば58キロという斤量の馬が2頭いた場合、このケースではそれぞれの馬が感じる負担は全く同じではないということです。

馬体重が軽い馬の方がより重い負担になっていると言えるので、全く同じ斤量を背負っている馬同士を見て、負担が同じとは思わないで馬体重が軽い馬の方が負担が重くなっているという意識が必要なのです。

10キロ、20キロくらいの馬体重の差ならば、そこまで負担の感じ方に差はないかもしれませんが、50キロ以上違うと結構な差になると言えます。

もちろん、馬体重が軽い馬がそこそこ重い斤量を背負っていたとしても、実力が飛びぬけていれば十分に勝てるという状況はありえます。

だから、こういった状況があったとしても、それだけで一気に馬体重の軽い馬を過小評価する必要はありませんが、その馬が勝てる可能性は少ならからず下がるということは頭に入れておきましょう。

そして、馬券を買うときには2頭で迷ったりすることがあるのではないでしょうか?そういったときにはこういう部分から買う1頭を選ぶということをすると良いのです。

実力や斤量が同じと見えるような馬に関して、どっちを選ぶべきか?で迷ったときには、馬体重が重い方の馬、つまり馬自身が感じる斤量の負担の度合いがより軽くなると思われる方を選ぶというのが1つの手になります。

斤量は競馬予想に関して非常に重要な要素になるということは誰もが知っていると思いますけど、斤量に関して見るときには馬ごとの斤量の数字をそのまま見るだけではなく、それぞれの馬の馬体重を考慮していくことで、より正確な評価につながります。

より負担が軽い状態で走れる馬を見極めていくことをすると、競馬予想においてより精度の高い予想ができて、馬券が当たる確率も上がるのではないか?と思います。