ingridlucia.com

競馬は確率を追求するギャンブル

ギャンブルは「当たるも八卦、外れるも八卦」であり、強いものが必ず勝つとは限りません。競馬もギャンブルである以上、儲かるか損するかはその時の運が大きく左右します。また、血統や馬体重、脚質、馬場状態を調べたとしても、その結果通りの着順になるとは限りません。

ただ、競馬がギャンブルとはいえ、長年の間に積み重ねられた「確率」というものがあり、長く競馬をしていると、自然とその確率に近い結果が現れます。特に、競馬の初心者は確率に重点を置いて馬券を購入した方が賢明です。

人気馬を狙うことが常道、日本の競馬ではレースに出走する馬の数は最大で18頭になっており、1着になる馬を当てられる確率は最大で18分の1(5.5%)です。しかし、現実には馬の実力が同等ではないため、力の無い馬が勝つことは滅多にないことから、当てられる確率はもっと高くなります。

実際に、1〜3番人気の馬は9割の確率で馬券に絡んでいます。つまり、仮に18頭立てのレースだとしても、1〜3番人気の馬の「単勝」を買っていれば、30%以上の確率で的中させることができます。競馬の初心者は1〜3番人気の馬を狙うことが常道であり、人気馬の単勝を買うことから始めるのが基本です。

人気上位馬だけで馬連を占める確率、単勝の次に購入対象となる馬券が「馬連」です。馬連とは1・2着に入る2頭の馬を当てる馬券のことであり、予想した2頭が1着・2着でも、2着・1着でも構いません。必ず、1着・2着の着順を当てる「馬単」より当たる確率が高くなります。

そこで、1〜3番人気の馬が以下のように上位の着順を独占する確率ですが、こちらはたったの10%でしかありません。
・1着:2番人気
・2着:3番人気
・3着:1番人気

人気馬だけを集中的に狙う人の中には、1〜3番人気3頭のボックス買いをする人が少なくありませんが、お金が無駄になっています。ボックス買いというのは、例えばA・B・Cの3頭の馬で馬連の馬券を購入する場合、AとB、AとC、BとCのように、3頭すべてが馬連に絡むように購入する買い方です。

馬連の購入方法、馬連の買い方のポイントは以下の2つになります。
1.1〜3番人気のどれかを軸馬にします。
2.軸馬以外は4番人気以下の馬を絡ませます。
ただ、まったく人気の無い馬を絡めても可能性が低いので、軸馬とのオッズ(配当倍率)の差が2~3倍以内の馬を狙います。

競馬のセオリー、競馬はギャンブルですから100%の確率ということはあり得ません。また、的中させるための方程式も存在しません。ただ、1%でも高い確率を求めるのがセオリーです。

その1%でも精度を上げるために過去の的中率を調べてみたり、競馬予想サイトの口コミ情報・評価掲載数No.1比較サイト - 競馬インフォなど口コミ評価サイトで調べてみるのもよいでしょう。